活動組織

提言特別委員会

正副委員長

委員長 渡辺 真二(早駒運輸㈱ 代表取締役社長)
副委員長 木田 聖子(㈱チャイルドハート 代表取締役)
副委員長 土井 正孝(内外ゴム㈱ 取締役社長)

今年度事業計画

1.提言テーマ
『SDGsで紡ぐ「HYOGO-no-MIRAI」~地域一体で織り成す新たな調和の創造~』とし、「競争力のあるしごとづくり」、「次代を担うひとづくり」、「魅力あるまちづくり」、「ひかり輝くみらいづくり」、そして「全県一致:TEAM HYOGO ALL HYOGO」を〝未来を切り拓く提言の5本の柱〟として、「SDGs先進県」への躍進を目指すべく、提案・支援活動を展開していく。
2.策定の基本方針
(1)SDGsの「実践ステージ」と提言の5本柱の「深化への挑戦」を通じ、県内企業へSDGsの普及促進を図る。
(2)魅力ある地域、競争力のある産業、次代を担う人材などを創造・育成し、見合いへの具体策を一丸となって議論する。
(3)それらが絡み合い、地域が互いに持つ、「強み」を伸ばし「弱み」を補い合える、「共創する」ひょうご・神戸へ繋がる提言を行う。
(4)ウィズコロナ/アフターコロナを見据えた真の地方創生、持続性のある地域発展に資する活動に積極的に取組む。
3.策定アプローチ
・バックキャスティング思考によるアプローチを行い、ひょうご・神戸の目指すべき未来のイメージから、「強み」と「課題」の深堀りにより、SDGsの達成目標である2030年のさらに先も見据えた視点で持続可能な地域社会の構築を目指す。
・地域毎の課題に対し、それぞれの特性に活かした相互補完を目指し、都市部と多自然地域の連携を強化させながら、「ひょうご五国のインテグレーション」実現に向け、強みと課題の融合を図る。
4.提言骨子(案)
 ・「しごとづくり」、「ひとづくり」、「まちづくり」、「みらいづくり」、「TEAM HYOGO ALL HYOGO」の5つの観点から、以下の項目を主な事案として、課題の深堀とその解決への具体案を策定する。
〝しごと〟づくり  ~地域産業の振興~
〝ひと〟づくり  ~地域に人を呼び込む~
〝まち〟づくり  ~地域の賑わい創出~
〝みらい〟づくり  ~地域の未来を切り拓く~
〝TEAM HYOGO ALL HYOGO〟 ~全県一致~

委員会活動

第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回 12月6日(月)   15:00~17:00

政策提言
会員様限定
入会のご案内

活動組織

関西ベンチャーフレンドリー宣言
ひょうご仕事と生活の調和推進 宣言企業一覧
神戸ドーユー体操
このページのトップへ